設計から完成までの流れ

建築といっても、ビルや福祉施設などの大規模建築物から戸建住宅まで規模・構造がさまざまです。大規模な建築ほど、役所との事前協議や届出が多くなり、また設計期間は長く必要となりますから、一概にどれくらいの期間でできるとは言えません。

 

こちらではお問合せの多い戸建住宅を例にとって、設計から完成(=お引渡し)までの流れを表にしてみました。規模は木造2~3階建、地下なしの条件です。どうぞ参考になさって下さい。

 

表1:木造住宅の例(設計から引渡しまで)

 

項 目

業 務 内 容

設計料の

支払い

無料相談

お電話・メールでの相談に引き続き、より具体的な相談をご希望の方は、直接お会いしてお話をお伺いすることになります。

 ↓

初 回

打合せ

・ご要望を具体的におききします(土地探しも同様)

・敷地視察

・役所にて法的調査

  ↓

初回提案

(0.5ヶ月)

ラフプラン及び模型(1/100)、概算工事費説明

これ以降の簡単な修正などはこれに含みます。

 ここまで

無料 

設計監理契約

 引き続き設計を進めるにはここで契約を締結します。

(なおご契約に至らない場合は全ての提案図面を返却していただいております。)

着手金

(10%)

基本設計(1.5ヶ月)

 初回プランから4~5回打合せを重ねて、よりご要望に即した形にしていきます。

プラン・スケッチ・模型(1/100)

基本設計

完了時(20%)

実施設計(3ヶ月)

・詳細図面を作成(施工会社が工事見積および工事ができるレベル)

・実施設計の途中で確認申請を提出

 (確認済証所得まで約1ヶ月)

実施設計

完了時

(40%)

見積・調整(1.5ヶ月)

・施工会社(3社以上)が工事見積を提出。

・見積金額の査定、技術・実績など総合的に判断しアドバイスを行います。【1社を選定】

 ↓

 

 

 建設工事請負契約(施主と施工会社)

当社は監理者として契約書に押印します。

 ↓

 8

監理業務

(4~6ヶ月)

建設工事が設計図面通りのデザイン・品質を確保できているか、工事工程が予定通り進んでいるかをチェックします。

 【建設工事】

・地鎮祭、起工式→着工→上棟→完了検査→完成

上棟時(15%)

 9

引渡し

・竣工写真の撮影

・完了検査の検査済証、施工会社の竣工書類を確認のうえ引渡しとなります。

引渡し時(15%)

 この表による設計からお引渡しまでの期間の合計は、タイムロスも含めますと概ね、12~14ヶ月といったところです。これを長いとお感じになりますか?

 

家づくりはいいものを創るのが前提ですから、時間を単純に削るのはあまりお薦めできません。ただしクライアントの事情と要望がまず第一ですから、全てを半年間(6ヶ月)でやる必要があれば、それもまた可能ではあります。 

もちろん、完成時期のご要望についても可能な限り対応しておりますのでご安心下さい。  

【アフターフォローについて】

どんなにしっかり工事しても経年劣化により、少しずつではありますが不具合は必ず発生してきます。

緊急の場合を除き通常は、施工会社を主体とした定期点検(1・2・5・10年目)などをご提供しています。またあってはならない緊急時(例:雨漏り)の際は、施工会社へ連絡をしていただき、できうる限りの迅速なサポートをとるようなシステムを組ませますので、お引渡し後も安心してお住まいいただけます。